[PR]

 韓国大法院(最高裁)が昨年11月、戦時中に日本国内の軍需工場で働いた韓国人の元女子勤労挺身(ていしん)隊員と遺族に対する賠償を、三菱重工業に命じた判決をめぐり、大田地裁は原告4人が申請した同社の韓国内資産の差し押さえを22日付で認めた。原告の支援団体が25日、明らかにした。

 差し押さえが認められたのは、三菱重工が韓国内で所有する商標権2件と特許権6件。総額約8億400万ウォン(約8千万円)相当で、同社は売買や譲渡などができなくなった。ただ、現金化するためには原告が別途、売却命令の申請を行う必要がある。

 支援団体は声明文を通じて、「戦犯企業に対する強制執行手続きが公式に始まった。三菱重工が誠意ある態度を示さなければ、現金化する手続きに入る」と宣言。引き続き三菱重工に対し、話し合いに応じるように求めていくとした。

 日本統治下での労働動員につい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら