[PR]

 孤独死をきっかけに始まった鹿児島県鹿屋市のボランティア活動が注目を集めている。ご近所によるご近所のための安価な有償ボランティアだ。そのエッセンスを採り入れようと、各地で動きが広がる。

 「調子はどうですか?」「寒くない?」

 8日午前、鹿児島県大隅半島にある鹿屋市泉ケ丘町内会にある市営住宅の一室。ベッドに横たわる高齢女性は、支援グループ「泉ケ丘きばいもんそ会」の女性メンバー(65)から語りかけられると、うなずき、笑顔を返した。

 この日、2人暮らしの高齢夫婦から依頼された内容は、夫が病院に通院する間、一人きりになる妻の付き添いと話し相手。料金は約1時間で600円。

 昨年5月、鹿児島の方言で「頑張りましょう」の意味を会の名にして設立された有償ボランティアの仕組みはこうだ。

 利用者と、ボランティアをする「支援者」が事務局に登録。利用者は「たすけあい券」(1冊1千円)を購入し、事務局を通じて仕事を依頼すると、事務局がその仕事にあった支援者をマッチングする。支援者は仕事の対価として利用者から「たすけあい券」を受け取り、事務局で換金。「ご近所力」で助け合うシステムだ。

 会が取りそろえたメニューは、付き添いや話し相手のほか、大工仕事や庭仕事など1時間程度の仕事が600円。ゴミ出しや調理、電球交換、代読代筆といった30分程度の仕事が300円で、ニーズに応じて最近ペットの餌やりも加わった。

 登録資格は原則、泉ケ丘町内会の住民で年齢制限はない。登録者数は現在、利用者が41~88歳まで十数人、支援者は小学6年~84歳まで15人。当初は月2、3件だった依頼が最近は月6、7件に増えたという。

 設立は4年前、町内で起きた、…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら