[PR]

 新潟を拠点にするアイドルグループ「NGT48」の山口真帆さん(23)が自宅でファンの男らに暴行された事件が収束する気配がない。メンバーの関与はなかった、とする第三者委員会の調査報告書について、運営会社「AKS」(東京)が記者会見をしている最中に、山口さんがツイッターで反論。ファンの不信は募るばかりだ。NGT48も参加していたAKB48の総選挙が今年は実施されないなど、「会いに行けるアイドル」は岐路を迎えている。

 新潟市内の記者会見場。22日午後1時半に始まった会見で、松村匠・AKS取締役は、山口さんが主張していた「事件へのメンバーの関与」について「認められなかった」とする第三者委員会(委員長・岩崎晃弁護士)の調査結果を示し、事件に関与したファンと私的交流があったメンバーらを「今回は不問にする」と述べた。会見場には、調査の中立性を担保する第三者委の委員はいなかった。

 午後2時過ぎ。会見をライブ配信で見ていたとみられる山口さんが相次いでツイート。①松村氏は「ファンと私的交流があるメンバーを全員解雇する」と約束した②松村氏に1月10日の謝罪を要求された――などと訴えた。

 松村氏はその場で見解を問われ、「(山口さんの主張が)事実ではないことがあるなと実感しております」と否定したが、その後も山口さんは断続的に投稿。松村氏らがそのたびにスマートフォンで内容を確認しながら釈明する異例のやりとりが続いた。松村氏が見解を訂正する場面もあった。

 約3時間に及んだ会見終盤、山…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら