[PR]

 日本年金機構の世田谷年金事務所(東京都)の所長が匿名のツイッターアカウントで差別的な投稿を繰り返し、機構は25日、就業規則で定める信用失墜行為の疑いがあるとして更迭した。処分も検討する。機構によると、所長は決裁などで個人情報に触れる立場だったが、現段階で不正利用は確認できていない、としている。今後、調査を続けるという。

 匿名ツイートをしていたのは葛西幸久所長。同機構職員はみなし公務員にあたる。朝日新聞がこのアカウントの3月中の投稿を調べたところ、在日外国人について「被害者ぶって不法滞在する輩(やから)は出て行け!」と書いたり、国会議員を「売国」「国賊」とつぶやいたりしていた。

 葛西所長は長期間にわたり、このアカウントで匿名のツイートをしており、過去の投稿歴をもとに実名が発覚したとみられる。

 同機構によると、所長本人が24日、「匿名のツイッターアカウントで、外国人に対する差別的な書き込みをして炎上している」とリスク管理部門に報告。同日、「私が行ったヘイト発言について本日会社に報告いたしました」「深くおわびするとともに、今後二度と行わないことをお約束申し上げます」と投稿し、過去の投稿は削除された。

 同機構は「差別的な発言はあってはならないものであり、極めて遺憾」としている。菅義偉官房長官も25日の会見で「差別的な発言はあってはならない。日本年金機構が厚生労働省の指導監督のもと、再発防止の徹底を図ると聞いている」と述べた。

 精神科医の香山リカさんは、このアカウントから自分あてに、「反日」とリプライが来たことがあるという。「年金事務所は様々な人のプライバシーを預かるところ。これほどのヘイト発言を繰り返す差別主義者が所長をしていたことはショック。公正に審査されていたのか、疑念を抱かざるを得ない」と話した。

 公務員の匿名の投稿をめぐって…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら