[PR]

 暗闇の中、水滴がゆっくりと落ちる音がスピーカーから流れる。奥から奇抜なドレスを身にまとった女性モデルがランウェーを歩く。

 東京大学の生産技術研究所で今月開かれた、デザイナーとAI(人工知能)の「合作」によるファッションショー「2019秋冬エマ理永(りえ)コレクション エマ理永×AI」の一幕だ。

 エマ理永さんがデザインした500体のドレスの画像をAIが学習して多くのパターンを考え、それらをもとに再びエマさんがデザインする。葉や貝殻のほか、放物線や波形を融合させた図柄も使われた。

 ファッションで人間とAIが「協業」するという珍しい挑戦は、同研究所と理化学研究所AIP、東大ニューロインテリジェンス国際研究機構が手がける。

 エマさんは「AIに負けちゃうと最初は怖かった。エマもAIも作った。両方が共生したのが今回です」。東大生研の合原一幸教授は「囲碁ではAIが人間を超えた。ファッションでどこまでやれるか試したい。本番はこれから」と話す。

 ファッションとAIの「コラボ」はほかにも。同じ東大生研の本間裕大准教授(社会システム工学)は、AIによる最新の流行分析システムを開発。オンラインメディアの「ファッションプレス」は、その分析を反映したネット検索を2月に始めた。

 グッチなど160ブランドの春夏、秋冬コレクションのたくさんの画像をデータベース化し、AIが分析する。たとえば利用者が気に入った服を選ぶと、ブランドを横断するかたちで関連する服が表示される。検索を通じて知らないブランドにも出会うことができ、コーディネートの参考にしたり、デザイナーがヒントを得たりする。

 この仕組みはこんな将来も暗示…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら