[PR]

 2016年の米大統領選への介入をめぐって米国を揺るがしてきた「ロシア疑惑」。トランプ大統領は、マラー特別検察官の捜査報告書でロシアとの共謀が認定されず、すぐさま「勝利宣言」に踏み切った。ただ、トランプ氏による司法妨害などが完全に「シロ」だったかはあいまいで、疑問はなお残ったままだ。(ワシントン=杉山正、土佐茂生)

 「私を陥れようとする違法な試みは失敗した」

 トランプ氏は24日午後、週末を過ごしたフロリダ州で大統領専用機に乗る直前、記者団に語った。続けて、こう勝利宣言した。

 「長い捜査の末、多くの人々がひどく傷つき、敵側も悪いことをしているのに全く調べられることもない中、ロシアとの共謀は無いと発表された。今まで聞いたなかで、最もバカげた話だ」。こうも語った。

 政府幹部によると、トランプ氏はこの直前、別荘「マール・ア・ラーゴ」で、バー司法長官が議会に出した書簡について弁護士らから説明を受けた。ロシアとの共謀は認められず、司法妨害も判断が見送られたという内容を聞かされると、「とても素晴らしい」と上機嫌になったという。

 トランプ政権は発足当初から、ロシア疑惑に苦しめられてきた。ただ、もともとは身から出たさびだ。

 国家安全保障担当の大統領補佐…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら