[PR]

 JR中央線の武蔵小金井駅(東京都小金井市)で25日夜、特急列車が約1時間にわたって上下線で運転を見合わせるトラブルがあった。乗客約3万7千人が影響を受けた。

 JR東日本八王子支社によると、新宿発松本行きの特急「あずさ33号」が同日午後8時20分ごろ、同駅で非常停車した。運転士がホームから人が線路に飛び込んだのに気付き、ブレーキを作動させた。しかし、その後の捜索で車両周辺に負傷者は見当たらなかったという。

    ◇

 朝日新聞は当初、運転士がホームから人が飛び込んだと見間違えて運転を見合わせたと報じていましたが、その後の取材で、運転士が実際にホームから人が飛び込む姿を見ていたことなどがわかり、記事を修正しました。