[PR]

 米アップルは25日朝(日本時間26日未明)、米クパティーノ市のアップル本社で、有料動画配信サービス「アップルTVプラス」を今秋、世界の100以上の国と地域で始めると発表した。また、有料のゲームサービス「アップル・アーケード」を今年中に開始するほか、有料のニュース配信サービス「アップル・ニュース・プラス」を25日から米国とカナダで始めた。

 利用者にはそれぞれのサービスで、毎月定額の料金を支払ってもらうことで、同社はサービス収入を増やすのが狙いだ。iPhoneの売り上げが昨年10~12月期に前年同期比で15%減となって、頭打ちが鮮明になったなかで、より安定的な収入が見込めるサービス事業に注力する姿勢を明確にした。

 「アップルTVプラス」は、さまざまな独自番組のほか、映画やテレビ番組を配信する。25日は、番組に出演する人気俳優のジェニファー・アニストンさんやリーズ・ウィザースプーンさん、人気司会者のオプラ・ウィンフリーさん、独自番組を手がけるスティーブン・スピルバーグ監督ら有名人が次々に登壇した。ただ、月額の料金がいくらになるのかといった詳細は明かされなかった。

 動画配信サービスは、ネットフ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら