[PR]

(26日、選抜高校野球 東邦3―1富岡西)

 東邦は七回1死二塁から松井の左前安打などで2点を勝ち越した。富岡西の浮橋の変化球にかわされ気味だったが、この回は好球を捉えた。富岡西も持ち味は発揮。六回は足を使って東邦を揺さぶり、木村が同点二塁打を放って食らいついた。

 ○松井(東) 七回に勝ち越し打。「それまで凡退していたけど、当たりはよかったので焦りはなかった。第1ストライクを振ってやろうと思っていた」

 ○森田監督(東) 「ちょっと硬かったけど辛抱強くできた。次は広陵戦。伝統校同士、がっぷり四つで、寄り切るつもりでやりたい」