[PR]

流行語でたどる

 平成も残すところ、20日余りとなりました。振り返れば浮かぶ、あんな話題、こんな出来事。毎年発表される「ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)をたどり、思い出の引き出しをあけてみませんか。まずはドラマ編。美男美女のおしゃれな恋愛がもてはやされたトレンディードラマの時代に、流行語に選ばれたのは、今思えば少し意外なこんなせりふでした。

 バブル景気にわく平成初頭は、美男美女の恋愛を描くトレンディードラマの絶頂期だった。異色だったのが1991年の「101回目のプロポーズ」。不器用な印象の武田鉄矢さんを起用し、「僕は死にましぇ~ん」と浅野温子さんに求愛。テレビドラマに詳しい早稲田大演劇博物館の岡室美奈子館長は「武田さんが演じた男性は、仕事もお金も失うが、愛を手に入れる。その後の時代を先取りする象徴だった」とみる。

 バブル後はホームドラマが復権…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら