[PR]

 「何を学ぶか」だけでなく、「どのように学ぶか」も――。文部科学省の検定に合格し、来春から小学校で使われる教科書は、学びの過程まで丁寧に書かれている例が目立つ。背景にあるのは、若手教員の増加と、学習指導要領に盛り込まれた考え方だ。

 「2デシリットルで●(4/5)平方メートルぬれるペンキがあります。1デシリットルでは何平方メートルぬれるでしょうか」

 分数のかけ算とわり算を扱った算数の教科書に、深緑色の黒板の大きな絵が登場した。1枚めくると、解答のヒントとなる考え方などがチョークで書かれ、まるで授業の板書が再現されているようだ。

 編集した日本文教出版の担当者は「黒板のイメージが見えるようにした。若い先生向けの工夫です」と説明する。大日本図書の各学年の教科書などにも、似たようなページがある。今回の検定で申請された教科書は、競うように「先生に親切」をアピールしている。

 1、2年が使う生活の教科書で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら