[PR]

 名馬オグリキャップが巣立った笠松競馬場(岐阜県)の採用内定者と研修担当者のSNS上のやりとりが、賛否両論を呼んでいる。内定者がツイッターで「本採用になったらはっちゃけたい」と投稿。競馬場側が「当方には警戒しかありません。4月1日に『はっちゃけ』とは何かを聞かせてください」と厳しく問いただした。

 内定者は「来月から笠松競馬場職員になるので、皆様よろしくお願い致します」「半年は仮採用なので下手なことは出来ないんですが、本採用になったら、はっちゃけたいと思ってます」などと投稿。競馬場側は外部からの情報提供で、内容を把握。4月1日に入職する内定者と判断し、「研修担当です。私の研修で何を聞いていましたか? 個人アカウント上で公営競技に携わる公務員であることを世界に発信するリスクを、どう考えているのですか?」「すでに『下手なこと』をやってしまっていることに気が付いてください」といった趣旨のメッセージを送った。

 SNS上では「立派なパワハラ」「Twitter上でこんな公開処刑してる採用担当者が偉そうに言えるんですか」「広報アカウントで部下へのけん責を公開する競馬場に遊びに行きたくはありません」との批判がある一方、「雇用契約も結んでないのにパワハラとはこれ如何(いか)に」「笠松競馬さんは何も間違っていません。私たちが安心して勝馬投票券を買えるのも競馬場の方がしっかり公平性を保った運営をしているからです。堂々としていてください」とのコメントも見られた。笠松競馬場を運営する岐阜県地方競馬組合の岩越誠事務局長は「事実関係を調査中で、何らかの対応を検討する」としている。(細見るい)

■笠松競馬場と採用内定者の主な…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら