[PR]

 長崎県教育委員会は26日、顧問をするバレーボール部の男子生徒(14)の頭を靴でたたくなどしたとして、県内の公立中の男性教諭(40)を停職1カ月の懲戒処分にし、発表した。生徒が体罰などを理由に自宅2階から飛び降り、腰の骨を折るなどの大けがをしたことから判明した。

 発表によると、教諭は昨年5月、この生徒を練習試合に出さず、試合会場で残っている宿題をやらせた。生徒が宿題を済ませて出場を何度も要望すると、教諭は「簡単には試合に出せない」と諭しながら、太ももから腰周辺を4回蹴り、自身の靴で頭を1回たたいたという。同じ理由から今年1月にも学校の体育館で同じ生徒の頭を自分の靴でたたいた。いずれも体罰によるけがはなかった。

 この生徒が体罰やいじめに触れた遺書を書き、1月の体罰の翌日、自殺を図ったことから体罰が発覚した。いじめについては、学校が対策委員会を設け、同学年の部員1人が生徒の背中を平手打ちしたことなどを認定する方向で報告をまとめているという。県教委は、いじめや体罰が自殺未遂の要因とみている。

 教諭は2017年5月の部活指導中にも、別の生徒に平手打ちをしたり、髪を引っ張ったりする体罰をしており、昨年5月は県教委による研修期間中だった。

 男子生徒は大けがをしたが現在は退院し、部活にも参加し始めているという。(森本類)