[PR]

 産業技術総合研究所(茨城県つくば市)と関東化学(東京都中央区)の研究グループはこのほど、高効率のアンモニア吸着材を開発した。活性炭などの既存材の5~100倍の吸着性能があるといい、豚舎の臭いの解消から、半導体製造のためのクリーンルームなどへの普及を目指すという。

 産総研の高橋顕主任研究員らによると、新吸着材は青色顔料の「プルシアンブルー」に含まれる鉄イオンの半分を、銅イオンに置き換えた「銅プルシアンブルー」という物質。1グラム当たりのアンモニア吸着量を測ったところ、既存の活性炭の100倍、イオン交換樹脂の5倍もの量を吸着したという。

 粒状にした「銅プルシアンブルー」を高さ60センチ、幅50センチ、厚さ5センチの板状ケースに入れた吸着装置を、40頭の豚がいる密閉した豚舎で作動させたところ、吸着装置を設置しなかった豚舎と比べて臭いが激減したという。フィルターは酸性溶液で洗えば、繰り返し使えるという。

 格子状の構造をしているプルシ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら