[PR]

【アピタル+】患者を生きる・食べる「シガテラ」

 魚の毒といえば、フグを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、世界で毎年数万人規模もの人が苦しむと言われる食中毒があります。「シガテラ」。主に熱帯や亜熱帯の魚で起こる食中毒でしたが、温暖化の影響で広がることも懸念されています。大阪府立大学の円谷健(つむらやたけし)教授に聞きました。

 ――シガテラの特徴はなんですか。

 フグの毒と違って、いろいろな種の魚が毒化します。主に熱帯・亜熱帯のサンゴ礁にすむ渦べん毛藻という微生物が作り出す毒が、食物連鎖で魚にたまります。毒は魚の筋肉にも内臓にも蓄えられ、火を通しても冷凍しても壊れません。ふつうは毒を持っていない食用の魚も、場所によっては毒を持ち、食べられないことがあります。

 ――症状はどのようなものがありますか。

 人によって様々で、嘔吐(おうと)、下痢、腹痛、手足のしびれ、倦怠(けんたい)感、筋肉痛、関節痛、徐脈(脈が遅くなる)、低血圧などです。典型的な症状のひとつに、手足などの温度感覚異常があります。冷たい水が入ったコップなどをさわると、ドライアイスをさわったように痛みを感じることから「ドライアイスセンセーション」といい、シガテラの症状を説明するときによく使われます。重症の場合、1年ほど症状が続くこともあります。

写真・図版

 ――効果的な治療法はありますか。

 現時点では根本的な治療法はありません。対症療法が中心になります。国内で流通する魚は市場関係者が注意を払っているので心配する必要はありませんが、個人が釣った魚や、見慣れない魚には注意が必要です。

 ――シガテラは増えているのでしょうか。

 欧米など、これまでシガテラがなかった地域でも問題になりつつあります。急に広がることは考えにくいですが、温暖化で将来的に問題になる可能性があります。国内の被害は沖縄県がほとんどでしたが、最近は本州でも散発的に報告があります。シガテラの食中毒は致命的ではないため報告されていないだけで、実際の被害はもう少し多い可能性もあります。千葉県内の店でイシガキダイの料理を食べてシガテラの食中毒になったという人が料理した店を訴え、「製造物責任法(PL法)」に基づき、店側が約1200万円の支払いを命じられる判決が2002年に出て、話題になりました。

 ――無毒の魚を見分ける方法はないのでしょうか。

 シガテラ毒を持つ例がある魚も、個体や地域によっては無毒ですが、民間伝承的な判別法では毒の有無は見分けられません。健康被害は防ぎたいですが、食べられる食用魚を捨てれば、限りある天然資源の損失にもなります。

 私たちは、東北大学の平間正博名誉教授と共同で、シガテラ毒の検出キットを開発しました。シガテラの毒成分の一部を合成し、マウスに注射すると、免疫反応によってマウスの体内に毒に反応するたんぱく質「抗体」ができます。この仕組みを応用すれば、中毒を起こす魚かどうかわかります。現在は主に研究者や検査機関向けで、魚をミンチにしてから分析する必要があるのですが、将来的にはもっと簡単に分析できるようにしたいと考えています。

 

 ◇ご意見・体験は、氏名と連絡先を明記のうえ、iryo-k@asahi.comメールするへお寄せください。

<アピタル:患者を生きる・食べる>

http://www.asahi.com/apital/special/ikiru/(聞き手・小堀龍之)