[PR]

 日本郵便は、郵便物の配送に電気自動車(EV)を本格導入する。配送に使う自動車1200台を、2021年春までにガソリン車から切り替えると26日発表した。環境車の導入でイメージアップを図る。

 EVは三菱自動車の軽四輪車「ミニキャブ・ミーブ・バン」。1度の充電で150キロ走れる。郵便局に設ける充電拠点で夜に充電する。東京などで19年11月以降、順次導入していく。

 日本郵便は配送用の四輪車を3万1千台持ち、今回の対象はうち1200台。二輪車でもホンダ製の電気バイクの採用を検討している。