ボーイング最新鋭機、フロリダで緊急着陸 墜落機と同型

有料会員記事

ワシントン=青山直篤
[PR]

 米サウスウェスト航空が保有する米ボーイングの最新鋭小型機「737MAX」が26日午後、米フロリダ州のオーランド国際空港を離陸後まもなくエンジンに不具合が発生し、空港に引き返して緊急着陸した。同型機は運航が禁止されているため、操縦士以外に乗客はいなかった。

 AP通信によると、航空当局は今回のエンジンの異常は、相次ぐ墜落事故の原因と疑われている失速防止システムとは関係がないとみているという。

 同機が離陸直後、操縦士がエ…

この記事は有料会員記事です。残り151文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら