金正恩委員長「軍を最精鋭化」 6年ぶり軍中隊長大会で

有料会員記事

ソウル=牧野愛博
[PR]

 北朝鮮軍は25、26両日、平壌で中隊長・中隊政治指導員大会を開いた。朝鮮中央通信が27日朝、伝えた。金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が演説し、軍事力の強化を訴えた。物別れに終わった2月末の米朝首脳会談を受け、軍内部を結束させる狙いがありそうだ。

 大会が開かれたのは、2013年10月以来5年半ぶり。金正恩氏は「軍の最精鋭化の実現に総力を集中する」と強調した。演説のなかで「過酷な環境」「試練と難関が依然と山積している」などの表現も使い、北朝鮮を取り巻く厳しい情勢を認めた。正恩氏は中隊内の規律強化も訴えた。

 200人弱で構成する北朝鮮軍中隊は、同軍の基本単位だが、生活環境は劣悪な状態とされる。

 脱北した元党幹部によれば…

この記事は有料会員記事です。残り214文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら