[PR]

 大型クルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」が27日朝、蒲郡市の11号岸壁に初寄港した。歓迎式典で、稲葉正吉市長が「海が見える温泉や竹島など、蒲郡市を思う存分楽しんでほしい」とあいさつした。

 同船には外国人観光客を中心に乗客約2700人、乗員約1100人が乗船。岸壁に待機していた大型バスに次々に乗り込み、岡崎城や豊川稲荷など、主に三河地域の観光地に向かう人たちの姿が見られた。

 蒲郡市では、外国語通訳のボランティアらが出迎えたほか、竹島地域や西浦温泉など各地でおもてなしイベントが開かれ、歓迎ムード一色となった。

関連ニュース