近藤昭仁さん(こんどう・あきひと=元プロ野球選手、監督)が27日、敗血症性ショックで死去、80歳。通夜は31日午後6時、葬儀は4月1日正午から横浜市鶴見区鶴見2の1の1の総持寺三松閣で。喪主は妻由紀子(ゆきこ)さん。

 1960年に早大から大洋(現DeNA)に入団。内野手として活躍し、通算1183安打を放った。93年から横浜やロッテで監督を務めた。