[PR]

 大学の教育状況などをチェックする認証評価機関の「大学基準協会」は26日、不正入試などが発覚した東京医科大が、協会の基準に「適合」するとした2017年度の評価を取り消し、「不適合」に変更したと発表した。大学などの認証評価制度が04年度に始まって以来、「適合」の評価が取り消されて「不適合」になるのは初めて。

 同大は「結果を厳粛に受け止め、不適合になった事項を確認したうえで、今後、適合に向けた改善と適正な学校運営に取り組む」とするコメントをホームページ上に掲載した。不適合になった大学は、2年以内に問題点を改善できれば追評価を受けることができるが、東京医科大は追評価を受けるか検討中だという。

 同協会によると、女子受験生ら…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら