[PR]

 韓国の金浦空港で空港職員とトラブルを起こし、現地警察の取り調べを受けた厚生労働省の武田康祐・前賃金課長(47)が、その2日前にも同空港で同様のトラブルを起こしていたことが分かった。厚労省が27日、衆院厚労委員会の理事会で明らかにした。

 武田氏は今月16~19日に私的な旅行で韓国を訪れ、帰国直前の19日に金浦空港の職員に暴行したとして警察に一時拘束された。厚労省によると、この時の拘束は現行犯逮捕によるものだった。さらにこの2日前の17日にも同空港でトラブルを起こし、飛行機への搭乗を拒否されていたという。また、海外に行く際に必要な上司の承認も得ていなかった。厚労省は、武田氏を20日付で大臣官房付に異動させた。