[PR]

 ニホンウナギの稚魚シラスウナギの取引をめぐり、三重県の業者ら十数人が名古屋国税局の税務調査を受け、2017年までの7年間で少なくとも計4億円の所得隠しを指摘されたことがわかった。追徴税額は重加算税を含め計1億円超とみられる。複数の関係者への取材でわかった。

 関係者らによると、業者らは主に現金で売買し、売り上げを過少に申告するなどしたという。シラスウナギの量や金額を記した帳簿を残していなかった。

 複数の業者らが取材に対して国…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら