畑のイモ、手間かけずに収量増でウハウハ?

有料記事

米山正寛
[PR]

 いもを畑で育てる時、苗の並べ方を変えるだけで収穫量を増やせることがあるようだ。うまく応用すれば、手間や費用をほとんどかけずに、食料の増産を図れる可能性が出てきた。いったい、何が起こっているのだろうか――。

 研究に取り組んだのは、東京大大学院農学生命科学研究科付属生態調和農学機構の深野祐也助教たちのグループ。深野さんらは、植物が「自分」と「他人」を識別する現象に着目。地下にいも(塊茎)をつくるキクイモを材料に使った。

 キクイモの栽培では、これを分割して植えて苗を育てる。そこで、違う親いもから育てた苗を「他人」同士、同じ親いもから育てた苗を「自分」同士とみなして実験した。

 まず、植木鉢に「他人」同士…

この記事は有料記事です。残り736文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!