[PR]

 3月18日に92歳で亡くなった俳優の織本順吉の最晩年を追い、大きな反響があったNHKのドキュメンタリー番組が再放送される。ディレクターは織本の長女で放送作家の中村結美(58)。老いゆく父親に4年半にわたってカメラを向け続けた理由を聞いた。

 「内心に積年の憤りがありました」と中村は明かす。映画やドラマなど2千作以上に出演してきた名脇役「織本順吉」は尊敬していたが、家族に理不尽に当たることが多く、けんかすることもしばしばだったという。

 撮影を始めたのは2013年ごろ。認知症のような症状が出始めたが織本は認めず、変わらぬペースで俳優業を続けようとしていたのがきっかけだった。

 病院で受診させるための説得材…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら