[PR]

 台湾の蔡英文(ツァイインウェン)総統は27日、米国に売却を求めているM1戦車と新型のF16V戦闘機について、「米国の台湾防衛へのコミットメントを世界に示すことになる」と語り、実現に期待した。ワシントンであった保守系シンクタンク「ヘリテージ財団」の会合に、滞在先の米ハワイ州からビデオ中継で参加して講演した。

 蔡氏は講演で中国について、「すべての機会を通じて現状を変更しようとしている。彼らは台湾の民主的な制度を傷つけ、軍事的な緊張を高め、我々の国際的な地位を低下させ続けている」と批判した。中国による侵略を念頭に台湾防衛が自身の最優先の政治課題である点も強調し、台湾の国防費を3年連続で増加させている点も紹介した。

 会合には、共和党のガードナー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら