[PR]

 米航空機大手ボーイングは27日、主力小型機「737MAX」の二つの墜落事故後初めて記者会見を開き、原因として疑われる飛行システムの改修を発表した。パイロットの操作をシステムに優先させるなどの変更を加える。併せて、米シアトル郊外にある同型機の生産工場も、事故後初めて報道陣に公開した。

 インドネシアとエチオピアで相次いだ事故は、機体の傾きを感知するセンサーの不具合により、失速を防ぐための飛行システムが繰り返し誤作動。パイロットの操作に反し、機首を引き下げたことが墜落につながったと疑われている。

 システムを動かすソフトの改修により、①機体の片側のセンサーに頼っていたのを両側からのデータに改める②非常時にシステムが何度も作動しないようにする③パイロットが機体の制御を取り戻しやすくする――などの改善を講じる。パイロットがシステムの挙動を学ぶ訓練も新たに導入する。

 会見でボーイング幹部は「(当…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら