[PR]

 茶道の上田宗箇(そうこ)流の茶寮・和風堂(広島市西区古江東町)が29日から特別公開されるのを前に、報道陣や関係者向けの内覧会が28日に開かれた。浅野氏の広島城入城400年を記念した催しで、公開は事前予約をした人に限っており、受け付けは終了している。

 和風堂には武具や茶道具など約70点も展示。目玉は、豊臣秀吉の三男・秀頼が宗箇に贈った直筆の掛け軸で、初公開の「桜の和歌」。秀吉が初代岩国領主の吉川広家(ひろいえ)に贈ったとされる「大肩衝茶入(おおかたつきちゃいれ)」なども公開。最後の広島藩主・浅野長勲(ながこと)も度々訪れたという書院屋敷の一室には、宗箇が着用したとされる陣羽織も展示されている。

 若宗匠の上田宗篁(そうこう)さんは「400年という節目を機に、広島の文化や歴史に目を向けて頂くきっかけになれば」と話した。(土屋香乃子)