[PR]

 タイのLCC(格安航空会社)、タイライオンエアーの関西空港―バンコク線が28日、初就航した。週5便運航する。関空―バンコク線は週28便になり、競争がさらに激化する。

 同社は当初、米ボーイング社の最新鋭機B737―MAX9(215席)を使用する予定だったが、エチオピアで同型機の墜落事故があった影響で、エアバスA330―300型(392席)に変更した。

 関空での記念式典に参加した同社のダーシット・ヘンドロセプトロ会長は取材に、「競争は激しいが、価格で優位性を示せると考えている。タイやインドネシア国内の路線網を生かし、大阪へさらに多くの観光客を送り込みたい」と語った。(加戸靖史)