[PR]

(28日、選抜高校野球 智弁和歌山13―2熊本西)

 単打、単打、単打。リズムをつかんで長打。甲子園初采配となった智弁和歌山・中谷監督がめざす野球を選手が体現した。

 1巡目こそ相手投手の緩い球にてこずったが、三回は1死一塁で1番細川から4連続単打などで4得点。監督が口にする「低い打球」を強く意識した結果だ。

 四回も単打3本と四球などで好機を広げると4番東妻が3点本塁打。「ライナーを打とうとした結果のホームラン」。大振りせず、鋭く振り抜いてタイミングを合わせる。長打も自然と出るという考えだ。

 もう一つ、新監督の特徴はこれまで以上に自主性を求めることだ。狙い球も個々で決める。四回は2番西川、3番黒川と変化球をたたいて安打に。東妻は「カーブにタイミングを合わせていれば、直球にも反応できる」と直球を左翼席へ放り込んだ。チームは4季連続甲子園で東妻をはじめ主将の黒川、西川は昨年からのレギュラー。「私のほうが緊張した」と中谷監督は笑った。(有田憲一)