[PR]

 平日は電子部品大手TDKで課長をしている。副業は、東京・東銀座のすし店「壮石(そうせき)」の経営だ。岡田壮右さん(42)が副業を思い立ったのは、ビジネススクールで学んだ知識を生かしてみたいと思ったから。お酒も店の売りにしようとワインスクールにも通った。売り上げは開店以来8年連続で伸びている。

 大学院まで化学を学び、入社後は研究所でセラミックスの開発を担った。しかし、自信のあった製品がなかなか市場に受け入れられない。「いいものを作ったのに、なぜ売れないのか」。自費でビジネススクールに通い始めた。

 そのころ、母方の実家が、大正…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。