[PR]

 名古屋の繁華街、栄。かつて名古屋では一人勝ちと言われ、商店主らは「お互いの顔もわからないような関係」だった。それを一変させたのは、高層ビルの建築ラッシュが続いた、名古屋駅周辺の盛り上がりだった。

 名古屋の中心部「栄ミナミ」。栄2丁目と3丁目あたりのエリアを指し、八つの商店街と18の町内会が集中している。10年ほど前までは、一緒に街を盛り上げる動きはほとんどなかった。2007年の「栄ミナミ音楽祭」でまとまった。

 今年は5月11、12の両日に開催予定で、550組以上のアーティストが参加する。百貨店が並ぶ大津通沿いや矢場公園のほか、大須、名駅、金山がライブ会場になる。07年は13会場だったが、今では43会場の大規模イベントだ。

「名駅」に危機感

 南大津通商店街振興組合理事長の藤井一彦さん(64)は「音楽祭が、この地域の相互理解が進むきっかけだった」と話す。07年に商店街や町内会のメンバーで栄ミナミ音楽祭を開催した。

 準備のため、実行委員会メンバ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら