[PR]

 ソニーは28日、平井一夫会長(58)が6月18日付で退任すると発表した。同日の定時株主総会で取締役も退く予定だ。退任後は非常勤のシニアアドバイザーとして、経営陣から求められたときに助言するという。

 平井氏は業績不振のさなかの2012年4月から社長を務め、人員削減や製品群の絞り込みといったリストラを断行。18年3月期の営業利益が20年ぶりに最高を更新したのを受けて社長を退き、代表権のない会長に就いた。18年3月期に受け取った報酬が国内上場企業トップの約27億円だったことでも話題になった。

 平井氏は「会社をより一層輝かせていく体制が整ったと確信し、35年間過ごしたソニーグループから卒業する」とのコメントを出した。