[PR]

 かつて「断捨離」、いまは「ときめく片づけ」。モノやサービスを共有するシェアリングエコノミーも注目される。「所有」に拘泥しないライフスタイルがもてはやされ、文化領域においても聞き放題・見放題・読み放題の「サブスクリプション(定額制)」が活況を呈する。手元にモノを置かなくていいのは便利だが、その危うさについて考えさせる事態が起こった。

 ミュージシャンで俳優のピエール瀧容疑者が3月、麻薬取締法違反の疑いで逮捕された。30年にわたって日本を代表するテクノ音楽ユニット「電気グルーヴ」のメンバーとして活躍してきたが、契約するレコード会社は逮捕翌日、CDやDVDの出荷停止と共に、音源と映像のデジタル配信を停止した。すると、ネット上で「CDはまだ必要と再認識した」などの感想が相次いだ。

 どういうことか。背景には音楽の楽しみ方の変化がある。

 1990年代までは、アナログ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら