写真・図版

[PR]

 医師の働き方改革を議論する厚生労働省の検討会は28日、ほとんどの勤務医の残業時間を一般労働者並みの年960時間とする方針を決め、報告書にまとめた。一部の勤務医に長時間労働を認め、過労死への懸念は強いが、将来的に廃止したり、上限を引き下げたりする。医師の過酷な労働環境を変える大改革となり、かじ取りを誤れば地域医療の崩壊を招く恐れがある。

 2024年度から適用される残業の罰則つき上限についてこの日、年960時間と決定。一方、病院勤務医の1割で残業が年1900時間を超える現状や、医療の質を保つ必要性を踏まえ別枠を二つ設けた=図。

 年1860時間に決まった、この別枠の上限が検討会の最大の争点となった。病院団体の委員は「相当厳しい水準」と主張。一方、脳・心臓疾患の労災認定基準を大幅に超え、「過労死水準をはるかに上回る非常識な数字」(連合の村上陽子・総合労働局長)との強い批判もあり、「賛同できないとする意見があった」と報告書に明記された。

 地域医療を守るための別枠の特…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら