[PR]

 ラグビーの全国大学選手権で4度の優勝経験がある同志社大が、国際協力機構(JICA)と連携してインドに選手らを派遣する。現地の大学チームで一緒に練習したり、指導したりして、伝統校の知見をラグビー後進国に伝える。今春に選手や卒業生らを対象に募集を始め、2020年末に隊員を送りこむ。

 インドは男子15人制の世界ランキングが105カ国中85位(日本は11位)。競技力は発展途上だが、選手数は伸びており、国際統括団体「ワールドラグビー」も熱視線を送る。同大の選手が活動する予定の東部オディシャ州の大学はラグビーが盛んで、男女のチームがあるという。約2年間滞在する長期と約1カ月の短期でそれぞれ募る。

 同大とJICAは29日に連携…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも