天皇は終身在位制がいいのか、退位を恒久的に認める制度にすべきなのか。

 江戸時代以前は、飛鳥時代の第35代皇極天皇をはじめ、江戸後期の第119代光格天皇まで58人が生前に退位してきた。天皇陛下はこれを踏まえ、退位は「驚くようなことではない」と周囲に繰り返し語ってきたが、退位は必ずしも平穏に行われてきたわけではない。

 鎌倉時代中期には第89代後深草天皇が、父・後嵯峨上皇の命で弟の亀山天皇に皇位を譲ったことがきっかけで皇統の分裂を招き、南北朝の乱の遠因をつくった。幕末の第121代孝明天皇は、徳川幕府が日米通商修好条約に調印したことに強く反対し、退位する意思を示した。

 明治時代につくられた旧皇室典…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く