[PR]

 独裁支配を進めるベネズエラのマドゥロ政権は28日、暫定大統領就任を宣言したグアイド国会議長を15年間、公職から追放すると発表した。グアイド氏は受け入れず、マドゥロ氏の即時退陣を迫っている。

 AP通信などによると、マドゥロ政権は、グアイド氏が虚偽の個人資産報告書を関係当局に提出したと主張し、公職追放の理由にあげているという。

 グアイド氏は「(マドゥロ政権による)暫定大統領に対する攻撃だ。我々は(退陣を求め)路上に出続ける」と語った。

 日本をはじめ米国など約50カ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら