[PR]

 1法人2大学への統合・再編を検討してきた静岡大(静岡市駿河区)と浜松医科大(浜松市東区)の両学長が29日、静岡市内で記者会見し、再編の合意書締結を発表した。2021年度までに新法人を設立し、22年度からの新大学への入学者受け入れを目指す。

 合意書によると、新法人の名称は「国立大学法人静岡国立大学機構」(仮称)で、新大学の名称は今後決める。今後の方針を記した確認書によると、統合・再編を理由に教職員の待遇や新大学の部局の運営経費が現在の水準を下回ることはないとしている。また、付属病院の収益や損失は病院内で処理するとした。新大学の将来像について検討する専門委員会を設け、教員との対話も進める方針。

 再編には東部と西部に2分される静岡大の教員らから反対意見が出ていた。同大の石井潔学長は「統合については丁寧に説明をしてきた」と強調。浜松医科大の今野弘之学長は「それぞれの地域特性を生かして産学連携を促進し、魅力的なプロジェクトが遂行されると期待している」とした。(増山祐史)