[PR]

 宮崎県教育委員会は29日、県立宮崎工業高校の陸上部顧問、秋本純男教諭(43)が女子部員にセクハラ行為をしたとして、懲戒免職にした。秋本教諭は「事実ではない」と否定しているという。

 県教委によると、秋本教諭は複数の女子部員に抱きつくなどの行為をしたほか、携帯電話のSNSやメールで「大好きぞ」などと不適切なメッセージを送った。昨年9月、県教委に被害を訴える匿名の電話があり、女子部員や卒業生、保護者に聞き取りし、セクハラ行為を認定した。

 教諭は2005年から陸上部顧問。日本陸上競技連盟のオリンピック選手育成を目的としたU20(20歳未満)投てき部門コーチを務めているという。