[PR]

(29日、プロ野球開幕戦 ソフトバンク5-4西武)

 4時間を超えた試合に終止符を打ったのは、ソフトバンクのデスパイネだった。西武の6番手ヒースを無死一、二塁と攻め立てた延長十一回。「集中して、体の力を抜いて遠くへ飛ばそうと意識した」と、甘く入った速球を、左中間フェンス直撃のサヨナラ打にした。ヒーローインタビューで今季の目標を問われ、上機嫌に答えた。「本当は言わないんだけど。(本塁打を)40本は打ちたい」

 工藤監督(ソ) 開幕戦サヨナラ勝ち。「こういう展開になったが、ベンチが一つになっているのが伝わった。開幕にふさわしい試合ができたと思う」

 辻監督(西) 「千賀を相手に4点を失って厳しいと思っていたけど、劣勢のなかよく追いついた。先発の多和田も踏ん張っていたし、まずます」

 山川(西) 4点を追う八回に満塁本塁打を放ち、今季1号。「本塁打はこれ以上ない最高の結果。負けはしたけど、明日につながる良い試合だった」

こんなニュースも