[PR]

 学校法人森友学園(大阪市)をめぐる一連の問題で、財務省幹部らを不起訴とした大阪地検特捜部の判断の一部に、検察審査会が待ったをかけた。決裁文書の改ざんを、「一般市民感覚からすると許されない」と、強く非難した。問題発覚から2年余り。地検は再捜査を迫られ、国会での追及も続く。

 「検察官においてさらなる捜査を尽くし、再考を要請する」

 大阪第一検察審査会が29日公表した議決書には、背任や有印公文書変造・同行使容疑などで告発された当時の財務省幹部や近畿財務局職員38人全員を不起訴にした大阪地検特捜部の捜査への不満がにじんだ。

 近畿財務局職員らが大阪府豊中…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら