[PR]

 神奈川県立神奈川近代文学館(横浜市中区)で特別展「巨星・松本清張」が約400点の資料を集めて開催中。作品を5分野に分けて「点と線」や「時間の習俗」の原稿、「砂の器」のさし絵原画、映画「鬼畜」「わるいやつら」のポスターなどを展示。昭和史のコーナーでは書簡や意見書、日章旗。「エピローグ 遺(のこ)された書斎」では愛用の眼鏡や万年筆も。期間中の観覧料一般600円。5月12日まで。4月29日と5月6日以外の月曜休館。