[PR]

 経済産業省などが立ち上げたキャッシュレス推進協議会は29日、QRコード決済の統一規格「JPQR」の詳細を決め、ガイドラインを発表した。

 QR決済には「ペイペイ」や「LINEペイ」など業者が乱立し、各社がばらばらの様式でQRコードを作成していた。統一することで店側の負担を減らし、キャッシュレス決済をより普及させたい考えだ。

 新しい統一規格では、店側がQRコードを提示するタイプの場合、QRコードの先頭に決済事業者や店舗に固有の番号をわりふり、読み取ればどこのコードかわかるようにする。店舗側が契約する決済事業者が増えても、ひとつのQRコードを表示するだけですむ。

 利用者側が提示するタイプの場合は、決済事業者を端末で自動的に読み取れるようにする。

 QRコード決済はスマホのアプ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら