[PR]

土砂災害:中級編

 昨年は全国で3459件の土砂災害が発生した。国土交通省によると1982年の集計開始以来、最多で、それまでの平均発生数の3・4倍を記録した。最も多かった広島県では1243件。次が愛媛県の419件だった。

 土砂災害後の写真をみると、この地域は危険だとわかる。しかし住民は「前になかったし、大丈夫」と思っていた。災害は起こらないと思っている人にハザードマップを配って「危ない」と言っても、他人ごとだと思われてしまう。住民の認識が不十分だと行政の防災努力がかみあわない。行政は丁寧に説明していく必要がある。

 大雨が降れば、土砂災害はどこでも起こりうる。

 地球温暖化の影響で、激しい雨…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら