[PR]

ごはんラボ スクランブルエッグ

 ほわっとやわらかなスクランブルエッグを、トーストにこんもりのせて朝ごはんに。フライパンを使った卵料理も、コツさえつかめばあわてずにうまくいきます。

 スクランブルエッグは、溶いた卵に水分や油分を加えてかき混ぜながら火を通す料理です。その配合や加熱具合で、見た目も食感も変わってきますが、お勧めするのが、卵2個に牛乳大さじ1というレシピ。卵の重量に対して加える牛乳は約15%で、口当たりよく卵の香りやうまみも感じます。

 目指す「ほわっと」には、フライパンを十分に熱くすること。火にかけて確かめてからスタートです。油の役割も大事で、注いだ卵液を熱でむくむく立ち上がらせてくれます。あとは、菜箸で卵液が固まっていくのを手伝うように、大きくかき混ぜていくだけです。

 アレンジは、牛乳を和風のだし汁に変えたり、バターをゴマ油にしたり。手近な具材を足せば、ボリュームのあるおかずにもなります。(編集委員・長沢美津子)

写真・図版

監修・料理:渡辺あきこ

調理科学 :香西みどり

【材料】

□ 卵 2個

□ 塩 少々

□ 牛乳 大さじ1

□ コショウ 少々

□ 油 小さじ2

□ バター 5g

【使う道具】

□ フライパン

□ ボウル

□ 菜箸

【作り方】

①ボウルに卵を割り入れて溶きほぐす。菜箸を少し開いて持ち、箸の先をボウルの底に付けたら前後左右に動かして、卵黄と卵白を切るように混ぜる。

②塩を加えて混ぜる。卵2個に対…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら