[PR]

ぶらっとラボ

 日本人が苦手な英語の「L」と「R」の音の聞き分け。その能力を、わずか数日間のトレーニングで向上させられる――。そんな学習手法を情報通信研究機構脳情報工学研究室(神戸市)の研究チームが開発した。

 ポイントは「意識して学ぼうとしなくても、自然と能力が身につく」という点だ。いったいどんなしくみなのか?

 研究室の成瀬康室長(39)は、周波数がわずかに違う音を聞いたときに現れる脳波のパターンの違いを、円の画像として見ることができる装置を作った。

 脳が音の違いに反応したときに…

この記事は有料会員記事です。残り473文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り473文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り473文字有料会員になると続きをお読みいただけます。