[PR]

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が虐待を受けて死亡したとされる事件は、千葉地検が父親の勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=を心愛さんへの強要罪などで追起訴し、約2カ月間に及ぶ一連の捜査は終結した。わが子への虐待を重ねたとされる勇一郎被告とは、どんな人物なのか。

 「どんなに遠い学校に行ってもちこくしないで必ず甲子園に出て優勝してヒーローになる!!」

 勇一郎被告は、母校の野田市内の中学校の卒業文集にこう記していた。小学校時代はリトルリーグで、中学では野球部で汗を流した。同じ文集には「修学旅行でたくさん友達ができた」とあり、クラスメートから「その誠実さを、大切にしてください」とのメッセージが寄せられていた。

 中学3年で同じクラスだった女…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら