[PR]

 タイの捜査当局は29日、中部パタヤ郊外で日本人15人を不法就労の疑いで逮捕した。タイ政府関係者によると、日本に電話をかけて金をだまし取る特殊詐欺のグループとみられる。タイで日本を狙った特殊詐欺グループの拠点が見つかるのは初めてという。

 タイ政府関係者によると、拠点になっていた建物のオーナーが、日本人が出入りする部屋に多数の電話が置いてあることを不審に思って関係政府機関に通報し、今回の逮捕につながった。15人は日本に電話をかける「かけ子」とみられる。タイの捜査当局は今後、日本の警察と連携し、被害者や被害金額の特定を進める方針。

 日本の警察庁によると、振り込め詐欺など特殊詐欺の2018年の被害総額は356億8千万円で、拠点を海外にするなど手口が複雑化しているという。(バンコク=染田屋竜太)