[PR]

 トランプ米大統領は29日、メキシコとの国境を越えて中米諸国から米国に入ってくる不法移民を止めるため、週明けにも国境を閉鎖する考えを明らかにした。トランプ政権は国家非常事態宣言を出して国境の壁の建設を推し進めているが、さらなる強硬策を打ち出す可能性がある。

 トランプ氏はこの日のツイッターで「メキシコが我々の南の国境を越えて入ってくる不法移民のすべてを直ちに阻止しなければ、私は来週、国境を閉鎖するか、大規模に規制する」と述べた。米メディアによると、拘束した不法移民を留置する場所が限界に近づいているという。

 さらに、トランプ氏は同日、フロリダ州での記者会見で「メキシコは米国との貿易で長年、黒字でうまくやっている。強力な移民法も持っている。しかし、米国に向かう移民を止めようとしない」と指摘。「国境を閉鎖することは、米国にとってもうまみがある」などと牽制(けんせい)した。

 米CNNによると、米メキシコ間の通関地点では年4億人が行き来し、23億ドル(約2550億円)の貿易高がある。トランプ氏がどのような形で国境を閉鎖するのかは不透明だが、実施に踏み切れば、大きな混乱が起きるおそれもある。(ワシントン=土佐茂生)